戦国武将好きな方って結構いますよね。女性でも戦国武将大好き!って方も

たくさんいますし。戦国武将の言葉は現代社会にも通じるところもあるので

ご参考になればと思い、列記させていただきました。

気分転換にいかがでしょうか?

「したいことをするな。嫌なことをしろ。」  武田信玄            

嫌なことを先延ばしにすると自分を弱くする。自分の好きなことばかり

していたのでは人間は強くならない。また、他人のためにならない。

 

「口に出す言葉は遅く、決断は早く。」  鍋島直茂

口に出すべきことは、じっくり考えてから言葉にした方がいい。拙速に口に出すと

後で後悔することが多い。しかし、決断は早めにすべきだ。グズグズしていると

チャンスを逃してします。こういう時にいちばん必要なのは情報である。

 

「人は城 人は石垣 人は堀」  武田信玄

分権と責任。自分の部下は、すべてトップの権限の一部を委ねられ、同時に責任を

持つ存在でなければならない。部下の一挙手一投足によって、武田家のイメージが

固定されている。

 

「問題は人を得ることです。」 明智光秀

人が決め手で、どんなに立派な建物や機械を持っていても、それを使いこなすのは

人間だ。人を得なければ、建物も機械も結局は、猫に小判に終わってしまう。

 

「皆に誉められる人間は、決してりっぱではない。」 徳川家光

たとえ、裁判が正しく行われたとしても、負けて方は絶対に裁判官を良く思わない

だろう。これと同じで、世の中のことをすべて正しいからといって、それがその

通り受け入れられるとは限らない。恨む者も必ず出てくる。人間も同じだ。すべて

の人間に褒められるというのは、八方美人であって、自分を持っていない証拠だ。

こんな人間は役には立たない。

 

「戦に敗れたり家が亡びるのは天命ではない。やり方が悪いからだ。」 武田信玄

人はよく、負けるはずのない戦に負けたり、あるいは滅びるはずのない家が滅びる

とそれは天の命だという。そんなことはない。いままでのやり方が悪いからだ。

物事はすべて小さいことをいかに大切に考え、積み重ねていくかという心構えが

必要だ。トップに立った者は、日常の行いを正しくして、善行を積み重ねていか

なければ部下は決してついていかない。

 

「組織を保つ秘訣は、下の者の意見をよく聞くこと。」 堀直寄

気をつけることは、自分の考えを押しつけるのをやめて、まず身分の低い者から

意見をきくこと。

 

「部下を夏の火鉢やひでりの雨傘にするな。」 黒田如水

適材適所、あるいはその人間が持っている能力をうまく使っていないというこ

とだ。夏の火鉢が役に立つか。あるいは日がカンカン照っている時の雨傘は役

に立つか。部下の能力を見抜け。適正がどこにあるか考えろ。